松江市全域の外壁屋根リフォームならプロタイムズ松江店におまかせください!

ドクトル外壁さん 株式会社フォーシンク

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-07-4049
営業時間 9:00~18:00(水曜日定休日)

外壁の塗装をご検討されている方へ!防水対策の必要性についてご紹介!

「そろそろ外壁を塗装しないといけないのかな」
今回は、このようにお考えの方に向けての記事です。
外壁の防水性を高めるためにも外壁の塗装は重要です。
この記事では、防水対策の必要性についてご紹介します。

□なぜ外壁の防水対策が必要なの?

雨風による影響からマイホームを守るために、外壁は重要な部分です。
外壁から雨水の浸入を許してしまうと、建物内部に雨漏りが発生してしまいます。

一度雨漏りが発生すると、大きな被害に繋がりかねません。
鉄筋の場合は、錆びて膨らみ、コンクリートが大きく破損してしまう可能性があります。
木造の場合は、柱が腐り、建物の強度が著しく低下する可能性があります。
このような問題に対処するために、建物外壁の防水対策が非常に重要になります。

防水機能は外壁塗料の性能にもよりますが、多くの場合耐用年数が7~10年と言われています。
外壁の場所によっては、カビやコケなどの影響で劣化の進行が早い部分もあります。
そのため、定期的に外壁塗装をして外壁の防水機能を保つことが大切です。

以上が外壁の防水対策の必要性についてでした。

□外壁の防水性を高めるためにはどうすれば良い?

ここでは、塗料の種類や少し工夫により、防水性を高める方法を3つご紹介します。

1つ目は、ひび割れが気になるという場合についてです。
この場合は、弾性塗料を使用することをおすすめします。

弾性塗料とは、他の塗料に比べ、高い弾力性を持った塗料のことです。
弾力性があることで、伸び縮みしやすいという性質があります。

そのため、外壁にひびが入っても塗膜がひび割れに追随し、ひびが表面化することなく水の侵入を防いでくれます。
これにより高い防水性能を発揮します。
特に外壁にひびが入りやすいモルタル外壁の建物に適した塗料ともいえます。

2つ目は、汚れが気になるという場合です。
「汚れと防水性って関係あるの」と思う方は多いと思います。
実は、外壁の汚れは塗膜の劣化を早めてしまうため、塗料が持つ防水機能を低下させてしまいます。

この場合は、低汚染塗料を使用することがおすすめです。
特に幹線道路や空き地等があり、建物の汚れが気になるという方は、塗膜を長持ちさせるために、汚れにくい塗料を選ぶのがおすすめです。

3つ目は、目地のメンテナンスのこだわることです。
目地とは、建物の動きを吸収し、地震などにより外壁材にひびが入るのを防ぐものです。

シーリング目地には、耐候性の高いシーリング材を使用すること。
タイル目地には、吸水防止剤を使用すること。

この2点を押さえておくのがポイントです。

□まとめ

今回は、防水対策の必要性と防水性能を高める方法についてご紹介しました。
この記事が外壁塗装をお考えの方の参考になれば幸いです。
何か外壁塗装に関して、お困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

 

 

尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

人気記事

お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top