松江市全域の外壁屋根リフォームならプロタイムズ松江店におまかせください!

ドクトル外壁さん 株式会社フォーシンク

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-07-4049
営業時間 9:00~18:00(水曜日定休日)

外壁リフォームの必要性とは?外壁リフォームが必要でない家の特徴もご紹介!

外壁をリフォームしようか迷っている方はいらっしゃいませんか。
しかし、リフォームが本当に必要か判断するのは難しいですよね。
そこで今回は、外壁リフォームの必要性や、反対にリフォームが必要なお家の特徴もご紹介します。

□外壁リフォームが必要ないお家

リフォームが本当に必要か判断するのは、難しいですよね。
まずは、リフォームをする必要がないお家の特徴を3つ見ていきましょう。

1つ目は、外壁がタイルでできているお家です。
タイルの場合は、塗装をする必要がなく、中には30年を超える耐久性があるものもあります。
タイルに塗装してしまうと、10年を超えたあたりから塗膜が劣化して見栄えが悪くなる可能性があるでしょう。

2つ目は、レンガのお家です。
レンガは、タイルよりさらに耐用年数は長く、50年以上持つものもあります。
塗装を施すと耐用年数を縮めてしまいます。

3つ目は、サイディング外壁に張り替えて8年以内のお家です。
サイディングの外壁は、張り替えてから10年程度は塗り替える必要がないものが多いです。
色あせやはがれといったような塗装が劣化しているような現象が見られない限り、外壁塗装は不要と考えて良いでしょう。

□外壁リフォームの必要性

外壁リフォームがそもそもなぜ必要であるか分からない方もいらっしゃるでしょう。
また、中には必要性を誤解している方もいらっしゃいます。
外壁塗装の必要性について分かりやすく解説するので、ぜひご確認ください。

まず、目に見える被害がなくても、外壁の塗装は必要であるということです。
リフォームのサインのはがれや色あせなどが見られない場合も、10年で外壁は劣化してしまいます。
万が一メンテナンスをせずに放置していると、雨水が入り込んでしまう可能性があるでしょう。
次に、外壁の一番の目的は防水であることです。
見た目も美しさという意味で美観も大切ですが、夏は特に断熱も大切です。
さらに、汚れにくく、劣化しにくいということも重要です。

ただ、防水効果がなければ、水は木材や鉄筋など家づくりに使用されるものすべてを劣化させてしまいます。

このように、お家の外壁のリフォームにはお金がかかるからといった理由で怠るのは非常に危険です。
劣化して他の部分の補修も必要になることを考えれば、メンテナンスを怠ることは節約にはなりません。

□まとめ

今回は、外壁塗装の必要性についてご紹介しました。
ご紹介した内容を、外壁リフォームを行うか迷った際の判断材料として役立てていただければ幸いです。
当社では、外壁塗装のリフォームに関する不安や疑問に対して、丁寧にお答えしています。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

人気記事

お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top